感情を出す

ご無沙汰しております・・・

 

我が家に昨年の12月17日、もう一頭わんこがやって来ました。

と、その一週間後に父が心筋梗塞で緊急入院しました。

 

そこからです。

赤ん坊と老人と、中年(もう一頭)のお世話に翻弄し、毎日があっという間で、怒涛の日々を過ごしております。

 

何せいろんなことが同時に来ています。

たぶん、私の人生で一番きつい時だと感じておりますが。

 

 

この父とわんこのお蔭で、思い切り感情が出せれるようになりました。

隠し持っていた怒りのエネルギーが、大爆発しました。

 

 

お蔭で、交通事故で通院していたドクターの対応にあったまきて、帰りの車で誰が騒いでるんだ?という程の怒りを出して。

 

出せたことで気付いたこが沢山ありました。

 

 

「あー、私は小さい頃、父や祖父母、叔父達の言い争いが怖くて、それ以来、無意識に男の人を怒らせないよう、怒らせないようにと媚をうっていたなぁ」

 

とか、

 

「怒る声や言葉が怖くてこわくて、自分は怒らないように我慢していたなぁ」

 

とか。

 

 

それが

父に「馬鹿じゃないの!!」って言えちゃいました。

 

たぶん、人生初。

陰では言ってましたが(笑) 面と向かっては初めてです。

 

そしたら、父は楽しそうに笑ってました。

 

 

ハイパー娘の愛犬と、ごはんに大興奮する愛犬に、ブチギレて、クッション投げ飛ばして、ゲージ蹴飛ばして、地団駄踏んで、大泣きして。

 

殴りたい位なのに、エアーで空間を殴って(笑)

 

「あー、私の親もこんな風に私のことを思ったこともあったんだろうなぁ」

 

「そして、今、私が生きているからこそ、私もこのコ達を殴らず、殺さずいるんだなぁ」

 

とか。

 

 

感情の出たところに、思考がくっついているので、それをもう一人の私が、静かに優しく見守っていました。

 

エゴではない、本質の自分がいました。

 

 

エゴの私は、こんなにも本質に愛されていました。

 

そこがわかると、エゴの私も自由になれました。

したいことしてもいいんだ! ということ。

 

 

いつも自分が今したいことができるようになります。

 

 

自分の感情を出して、自分の楽しいことを優先して、どんどん自由になると、こんなにも恵まれていたこと、好きなものに囲まれていること、足りないことは何もないこと等がわかり、今までと景色が一変しました。

 

 

愛犬達も、大暴れした私を、何事もなかったように、接してくれました。

 

友人も、実家の片づけを手伝ってくれました。

 

インストラクターも、手伝ってくれました。

 

人にお願いすることが苦手だったのですが、少しずつ周りの優しさに甘えさせてもらってます。

 

全てに感謝です。

 

まだまだ忙しくて、やること山盛りなのですが、一つずつ。

 

感情を出すことで、自分との信頼が強固されていきます。

 

自分を信じることが、自分を幸せにすることに繋がっていきます。